潮音寺本堂の妻飾りを修理しました。

 

今年の台風で

潮音寺本堂の

妻飾りの銅板が

はがれてしまいました。

 

 

保険で治るとのことなので

修理を発注。

さっそく

足場が組まれました。

 

 

 

「下がり懸魚(さがりげぎょ)」

という妻飾りです。
六葉の芯も失われています。

 

 

どうやらコンパネを銅板でくるんだもののようでした。

ドリルを失敗したような跡もあります。

日曜大工以下の

かなりいい加減な工事のようですね。

 

裏側から。

どうしてこうなるのか理解できません。

こんな破損の仕方は

聞いたことありませんね。


いまさら言ってもしょうがないので
景色を楽しむことにしました。

 

きれいな青空です。

 

 

 

 


三重大学が見えました。


JFEエンジニアリングの

造船所のクレーンが見えます。

 

伊勢湾も見えました。

 

 

 

 


こちらが昨日取り付けられた新しい

「下がり懸魚」

ピカピカです!!

だんだんと銅の色に落ち着いてゆくそうですが

しばらくは金ピカを楽しめそうです。