お寺ヨガ with baby

寺ヨガチラシ

6月20日よりmoe先生主催の「お寺ヨガ with baby」が潮音寺書院にて行われます。
赤ちゃんを傍らにヨガが出来るって、とても楽しそうですね。
私は赤ちゃん大好きなので、考えただけでワクワクします。
以下ブログからの引用です。もうすでに5名参加予約があるとの事。気になる方はお早めにmoe先生まで。

moe先生ブログ (上の画像をクリックすると移動します)
http://ameblo.jp/luv-moe/

「毎日の育児でがんばってるママの為の時間。ヨガを通して産後大きく変化したカラダとココロを緩めませんか?託児はありませんので、お子さんは側で遊ばしつつ、グズった時も一緒にポーズを取ったり授乳やオムツ交換など自由に行いながら臨機応変に。ヨガが初めての方も大丈夫です。講師も育児真っ只中、楽しい時間を過ごしましょう!参加は産後十分に体力が回復していればいいのですが、目安は産後4カ月頃からを推奨します。※2人目妊娠中のママさん、一度ご相談ください。」

ビジネスに効く!早朝瞑想会

今朝はコワーキングスペースCCさんで行われた「ビジネスに効く!早朝瞑想会」に参加させていただきました。
津市栄町という津駅や三重県庁のすぐ近くにこのようなスペースがあるなんて、考えただけでワクワクします。
とてもフレンドリーなオーナーのもと、合計4名で瞑想しながら今の気分をシェアしました。おかげで朝から頭スッキリ。
身体感覚ってとても大事ですね。頭や理屈に悩む現代人にとって、大きな喜びにつながることと思います。
これから週1開催の予定という事なので、続けたいですね。

潮音寺のパンフレットも置かせていただきました。感謝。
http://coworking-team-y.com/

追悼法要・お坊さんと話す会のご案内

本年も6月25日(土)に、潮音寺にて自死遺族追悼法要を行います。
今回はグリーフケアを学ぶ僧侶と、食事をしながら話す時間を設けました。
ご遺族の方で参加されたい方は、ガーベラ会までよろしくお願いいたします。
またシェア、告知いただけましたら幸いです。
http://www.miegabera.jp/%E6%96%B0%E7%9D%80%E6%83%85%E5%A0%…/

ママヨガwithベイビー 6月20日(月)10時より開催

 

s-WRC15677-HDR

DSC_2133

 

DSC_2137

先日、潮音寺HPからお問い合わせメールが届きました。
なんと赤ちゃんヨガの先生。開催場所を探していて、赤ちゃんやママによい環境だと思い、潮音寺を選んで下さったそうです。さっそく会ってお話を伺いました。

これから益々進む少子高齢化。子育て世代の支援になるかもと役員さんも快くOKしてくださり、早速今月20日からママヨガwithベイビーの開始となりました。

18畳の書院での開催ですが、よく見るとガラスばかり!!赤ちゃんが割って怪我しないように、飛散防止フィルムを貼っています。なかなか面白いですね。思ったよりも結構上手に貼れて、悦に入っています。

 

 

 

ゆったり寺ヨガ in 潮音寺


毎月第1、第3土曜日の15:00~16:00は、スタジオヨギー名古屋スタジオからユウコ先生にお越しいただき

「ゆったり寺ヨガ」

を行っております。

ヨガと聞くと何やら敷居が高そうですが、敷居の低いお寺を目指す潮音寺の事、どなたでも大丈夫。
沢山の専門資格を持つ、とてもキュートなユウコ先生の無理のない指導で、体が硬い方でも皆さんスッキリとした顔で帰ってゆかれます。
時間のある方は、終わってからお茶を飲みながら健康の事を相談したり、いろいろ身近に起こった出来事などのんびり雑談。

中にはその後仕事に行かれる方もみえますが、なかなか良いライフスタイルだと思いました。。

詳しくはこちら。
http://www.machitera.net/mie-choonji/

 

 

 

 

 

今日の大賀蓮

 

『ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを、独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は、みんな玉のようにまっ白で、そのまん中にある金色の蕊からは、何とも云えない好い匂が、絶間なくあたりへ溢れて居ります。極楽は丁度朝なのでございましょう。
やがて御釈迦様はその池のふちに御佇みになって、水の面を蔽っている蓮の葉の間から、ふと下の容子を御覧になりました。この極楽の蓮池の下は、丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます。』

芥川龍之介 『蜘蛛の糸』より

大賀蓮は、今日も元気に深呼吸。
鉢の中からぶくぶく泡が出ております。
葉っぱの茎もたくさん伸びてきました。

じっと眺めていますと、芥川龍之介の『蜘蛛の糸』を思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

住職と朝ごはん。

s-WRC15710

亡くなられた方の毎月の御命日に、おうちに伺ってお参りする「月参り(月忌参り)」というお勤めがあります。

今月の16日は職場でテレビ番組「大助花子の夫婦で笑」の収録があったため、檀家さんに時間を早めて頂いて、朝の7時からのお勤めとなりました。

そのあと檀家さんから
「時間が早いので、おつとめのあと、朝ごはんを一緒にどうですか」
との提案があり、喜んでご一緒させていただくこととなりました。
このようなことは初めてだったのですが、これが結構楽しい。
奥さんと息子さんと私の三人で、あれやこれやいろんなお話をしながら朝ごはんを頂いて出勤いたしました。

テレビ収録の合間に、このことを花子師匠に話しましたら
「それはお世話をおかけいたしました」
と笑ってみえました。

そしたら昨日檀家さんから
「楽しかったし、清々しく一日を過ごすことができました。これからも朝7時にお願いします」
との嬉しいお電話をいただきました。

このような月参りも、いいものですね。