この世は娑婆 人生は苦海

鈴鹿市に

「太田ふじ子」さん

という90代の念仏者がおられます。

この文章は

太田さんが

高田本山で婦人会代表として読まれた原稿です。



32歳のときにご主人を亡くされ


女手一つで育て上げた1人息子さんが


62歳で亡くなっていましました。

「どうして私だけが」


暗闇に沈んでいた時に



ふと聞こえてきた言葉が



この言葉でした。

太田ふじ子さん自筆


大きな世界から

呼ばれている。

そこをしっかりと

聞かせていただくことこそ

「終活」

ではないでしょうか。