住職と朝ごはん。

s-WRC15710

亡くなられた方の毎月の御命日に、おうちに伺ってお参りする「月参り(月忌参り)」というお勤めがあります。

今月の16日は職場でテレビ番組「大助花子の夫婦で笑」の収録があったため、檀家さんに時間を早めて頂いて、朝の7時からのお勤めとなりました。

そのあと檀家さんから
「時間が早いので、おつとめのあと、朝ごはんを一緒にどうですか」
との提案があり、喜んでご一緒させていただくこととなりました。
このようなことは初めてだったのですが、これが結構楽しい。
奥さんと息子さんと私の三人で、あれやこれやいろんなお話をしながら朝ごはんを頂いて出勤いたしました。

テレビ収録の合間に、このことを花子師匠に話しましたら
「それはお世話をおかけいたしました」
と笑ってみえました。

そしたら昨日檀家さんから
「楽しかったし、清々しく一日を過ごすことができました。これからも朝7時にお願いします」
との嬉しいお電話をいただきました。

このような月参りも、いいものですね。