河芸町松林寺 ご法縁の集い

昨日は昼から、河芸町にあります松林寺様にて毎月行われている法座、、ご法縁の集いに参加しました。
今回も各地から、20名以上の方が集まっておられます。
午前中はお同行の黒田さんもみえていたようでした。
潮音寺にも来ていただいております、講師である田中秀法先生の、午後のお話の内容をまとめてみました。

※人間と仏の世界の違いは何か。
人間の世界の話は、人より優位に立つための話。
磨けば磨くほど悪知恵になってゆく。
宝の山の奪い合いである。
仏の世界の話は、わからん話である。
わかったというのは人間の世界の話。
この世は見る角度によってコロコロ変わる世界。
その世界とは違う世界がある。
※読経する前に伽陀を上げる意味
ここは濁った人間の世界ではなく、仏様の世界であるという事を言っている。
場の空気を替える。そうでないと仏法が世間話になる。
※アホな人ほどたくましく生きている。
賢い人、世渡り上手は案外もろい。
※人間の経験の知恵は、あてはまるときは良いが、当てはまらない時には役に立たない。
限界がある。仏様の知恵には限界がない。
※念仏一つでみなたすかる。
※老人が徘徊している姿は自分の「浄土」を探している姿である。
※幸せは時と場合、都合によってコロコロ変わる。
自分の父は海軍将校であった。当時は海軍将校と結婚する事はうらやましがられた。戦死しても、遺族は生涯恩給を受け取れた。ところが戦死した上に戦争で負けて恩給がもらえなくなり、母はその事を気に病んで亡くなってしまった。今思うと、その苦しむ母の姿は、私に対する仏様のお育ての姿であった。この世は何が幸か不幸かわからない。
※親鸞聖人は「幸せ」のかわりに「功徳」「利益」という言葉を使っている。
※罪障功徳(ざいしょうくどく)の体(たい)となる
こほりとみづのごとくにて
こほりおほきにみづおほし
さはりおほきに徳おほし
親鸞『高僧和讃』
仏の知恵を頂いている者には、これが成り立つ。
※松陰の黒きは月の光かな  法然聖人
※人間の価値観で見るから苦しい。
※仏法の救いは、どうなろうとそこに救いがあること。
人間の救いには条件がある。
※ここにだけは落ちたくないと思っていたところで、仏様は待っていて下さった。
※底下の凡愚とは、下品下生の下という意味である。
人間は下品下生のところで悩んでいる。
落ちるところがあるから悩んでいる。
※人間世界には救いがない。
※「よその子ならええけども」親は自分の子供を自分のものと錯覚している。
放っておくのがいちばんの教育である。
自分もあてにしない、子供もあてにしない。それが独立である。
※「流転」とは、仏法の味わいがないこと。
来月は20日(木)10:00~16:00、津市河芸町の松林寺さんで行われます。悩み多き方々、ぜひぜひお参りください。
なお松林寺住職の森愚英先生は、今月25日13:00~の潮音寺永代経にてご法話を頂きます。
どなたでもお越しいただけますので、どうぞお気軽にお越しくださいね。 

https://chouonji.net/

 

 

dsc_3607

 

dsc_3608

 

dsc_3610

 

dsc_3611

 

dsc_3609

 

dsc_3612

 

dsc_3613