絵解きで伊勢新聞社の取材を受けました。

 

 

3月15日から高田本山で涅槃会がつとまっております。
17日の昨日の午後、今回最終の涅槃図の絵解きを
クラブツーリズム様の特別拝観ツアーの皆様にお聞きいただきました。
その際、伊勢新聞社より取材を受けた記事が今朝掲載されていました。

冷え込む堂内ではありましたが、皆様熱心にお聞きくださり
終わってからもたくさんのご質問をいただきました。
とても喜んでいただけたようで
胃の痛む日々の苦労も報われます。

私はこの涅槃図や如来堂とは不思議なご縁があります。
長野郷土史研究会の会長で、絵解き研究の第一人者
小林一郎・玲子先生と初めてご縁が出来たのも
全国の涅槃図研究で知られる竹林史博住職とご縁が出来たのも
この涅槃図の前でした。
本願寺津村別院の『御堂さん』に、この涅槃図の由来を

書かせていただいたりもしました。

永らくお会いしていなかった東京のお同行が
念仏の道に入られるきっかけとなったのも
この如来堂の前での偶然の再開でした。
この涅槃図は3月20日まで公開されています。
おそらくこれからは全国的にも注目されてゆくと思います。

追伸
本日3月18日13時からは潮音寺永代経です。
説教は浄土宗浄明寺の尼僧
松原紗蓮師にお越しくださいます。
どうぞお参りください。
http://shinshuhouwa.info/article/index.php?id=20733