除夜の鐘(2018)

今回も大晦日に除夜の鐘を撞きました。

だんだんと日も暮れてゆきます。

ようやく準備が整いました。


御供の鏡餅もあがりました。


紅白が終わったころ、鐘つきが始まります。

続々とお集まりになられます。

今年は書家の白井潤山先生にお越しいただき

好きな言葉を揮毫していただきました。

白井先生HP
http://junzan.i-gallop.net/

皆さん興味津々です。

大人気

白井先生手作りの小札。

その人をイメージしたオーダーも可能です。

即興で、表札のオーダーも!!

さすがプロ。

一発で決まります。

続々と人が集まります。

つきたての餅を食べたり、お参りしたり

久々の再会に花が咲いていました。

お手伝いの方も増えました。

鐘の音とともに、餅つきの音も聞こえます。

長蛇の列!!

笑顔が広がりますね!!

チビッコたちも興味津々。

ずっと覚えてくれてたらいいな。

入れ代わり立ち替わりのお参り

ご本尊もお喜びのことでしょう。

白井先生の試し書き。

既に作品ですね。

「感謝の心を育てることは、生きる力を育てることである」

以前よそのお寺で聞いた言葉を思い出しました。

素敵な作品が出来ました。

今年も多くの笑顔とともに

に新年を迎えられましたことに合掌。