風鈴絵付ワークショップが開催されました。

7月30日に潮音寺で

書家の白井潤山先生主催の

 

「風鈴絵付けワークショップ」

 

が開催されました。

 

ガラスの風鈴に透明な絵の具で絵付をして

オリジナルの風鈴を完成させます。

 

 

 

 

業務用クーラーと扇風機で、熱中症にもならずとても快適です。

 

 

 

会場が出来ました。

 

 

 

続々と集まってみえます。
参加可能人数を上回る参加者となりました。

なんと静岡ナンバーの車もあったとか。

 

 

 

 

とても簡単ですし、失敗が少なくそれなりに美しい作品が出来上がるそうです。

 

 

 

 

輪郭を書いて

 

 

 

色を乗せてゆきます。

 

 

 

参加者の作品。
スイカでしょうか?

子供さんの参加も多かったですね。

夏休みの工作もこれで完璧!

 

 

 

 

こちらは海でしょうか?
キラキラと美しいですね。

 

 

 

 

私の作品。
蓮と雨蛙をあしらってみました。
とても気に入っています。

 

 

 

 

My風鈴で迎えるお盆も、なかなか風流ですね。

 

 

 

雨蛙。
風が心地よいですね。

 

 

 

 

白井潤山先生の作品。
先生には、高田本山の特別朱印も監修していただいております。

今後は継続して落款印作りとか、年賀状制作などのワークショップも開催していただく予定です。

 

 

 

 

額装の作品。

 

 

 

 

うちわには金魚。

 

 

 

 

版画の数々。
「おおかみに 蛍が一つ 付いていた」

いつか看板にと取っておいた板がありましたので
潮音寺の看板制作を依頼しました。

出来あがりがとても楽しみです。