52年間発行されている『隨願寺報』 622号が届きました。

 

隨願寺報第622号が送られてきました。

約52年間発行されているだけに、今でも多くの妙好人を輩出しております。
今号では「いのちがけ」という言葉が心に残りました。

釈尊や雪山童子、親鸞聖人の求道にはこの「命がけ」で「教え」を求めるというキーワードがあります。
いのちがけでないものが、いのちがけになるという事が「めざめ」という事です。
そうなさしめる阿弥陀仏の力を「本願力」といいます。

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c1

%e7%84%a1%e9%a1%8c2 %e7%84%a1%e9%a1%8c3 %e7%84%a1%e9%a1%8c4